虚空展望台

現在進行形雑筆通信。不定期更新。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# Sigh Lie
どこまで行けば 勇気を出して
さよなら言えるでしょうか
いつまで話せば ほほえみかけて
その手を離せるでしょうか

最後の嘘つかせた これは罪だから

私 ドアを開けた
あなた key かけた
もういらない 生きていくから

最初の告白許した それも罰だから

私 席を立った
あなた tea 残した
もう帰らない 理由はないから

私 ドアを開けた
あなた key かけた
もういらない 生きていくから

私 ドアを開けた
あなた もう戻らない
さよならはいらない Sigh Lie
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 詩・歌詞 |
# Miss me
たまに僕が愚痴こぼしても
あなたはそっと見守ってくれた
どれだけ衛星降ってても
ほほえんだまま 両手伸ばして

「いつかわかる日が来るでしょう」
ぎゅっと抱いて するりと手放す
ずるいよそんなお別れなんて

出会った日々 別れた秋
心の底に降り積もる
今は苦しくて何も言えないけど
お願いだから my dear
笑っていて 君でいて
泣かないでいて 愛していて

冬の終わりに降った雪
あなたは無邪気に握って投げた
だめだよこんな終わりだなんて

叶った夢 散った春
心の隅に 留めたまま
今はどうしても 求めるけれど
さよなら どうかあなたでいて
今度は別の場所にいて
数を数えて 再び会うまで
来たら教えて 楽園の果てまで
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 詩・歌詞 |
# Snowy Hearts
どうして人は一人で生きられないのか
どこにいても僕はここで立ちつくしてしまう
ゆれる train つり革の向こうで
街はあいかわらず輝いたまま
僕は手を伸ばせなくて

君がくれた勇気少しずつ見せながら
ほら雪もはらはらと降り出すよ

※どうしたら二人で歩いて目指せるのだろうか
Another heaven 求めて
どうしたら僕らは叫ぶことができるのだろう
たった一つ Lovin'you
ほんの二人 We are ready
だから神様 教えて下さい
楽園のありか 白銀の森の

いつの日か二人の行く先重なるだろうか
いつまでもここにいる訳にはいかない
涙の ice 瞳の奥の
輝きは今日も失われないまま
君は目をそらさずに…

君がくれた勇気 少しずつ動き出して
ほら春はもうすぐそこにあるよ

どうしたら神様僕らは一つになれるのでしょう
Another truth 見つめて
どうしたら僕らは笑顔見せていられるだろうか
たった二人 We love everything
ほんの一言 I love you
だから誰か 教えて下さい
二人の居場所 Snowy hearts
(※繰り返し)
だから神様…
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:25 | category: 詩・歌詞 |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links