虚空展望台

現在進行形雑筆通信。不定期更新。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年度末なので淡々とキャリアの棚卸をして眠る | main | あけぼのの風 >>
# 春うらら
こんにちは。4月になり、春本番になりました。


このたび、新作『楽園の理』をpixivで公開しました。
今回縦書きで読めます。よろしくお願いいたします。

こちら


このあとちょっとした解説を書きます。
『楽園の理』は『ふつうのこと』を書き上げたあと、
ある意味絶望の中から生まれてきた作品です。

私的な部分も含め、ある意味主人公は自分に一番近いタイプかもしれません。
でも終わった時感じたのは光を浴びたときに似た、すがすがしさでした。

病むことも含め、人生の転機を迎えて
再生というか、生きなおしていく一人の女性の軌跡を描いたつもりです。

タイトルは昔考えた作品のアイディアだったんですが
その時考えていた内容とは異なる作品となりました。

年末に書き上げ、太宰治賞に応募しましたが
落選しましたので今回公開しました。

ある意味重苦しい雰囲気を持つかもしれませんが
読み終えたとき、ふと周りを見て
何か感じ方が変わればこの上ない喜びです。
よろしくお願いいたします。

 
| comments(0) | - | 16:26 | category: 小説 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:26 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links